マカナの葉酸ってどんな成分?摂取量は?基礎体温を整えよう!

葉酸

主に妊活や妊娠中、授乳中にたくさん摂ると良いとされる葉酸って何?と疑問に思う方にいるでしょう。

 

当然ながら妊活サプリのマカナにも葉酸は配合されています。マカナは妊活サプリであり、葉酸サプリなのです。

 

葉酸は、水に溶ける水溶性ビタミン群の一種で、1941年にほうれん草に含まれる新栄養素として発見され、ラテン語で葉を示す単語からその名が由来しています。

 

葉酸は、ほうれん草の抽出物から発見されたB群ビタミンの一種で、ラテン語の「葉」を意味する「folium」と「酸」を意味する「acid」からFolic acidと命名されました。
引用元:国立健康・栄養研究所「葉酸」

 

葉酸には、たんぱく質を作るRNA、遺伝情報を持つDNAから成る核酸という、人の生命の根幹ともいえる細胞の核の生成を促す作用があります。

 

更に、体の発育に欠かせない細胞の生成や再生をサポートする働きも担っています。また体の成長のみならず、ビタミンB12と共に血液中の赤血球の生成にも大きくかかわっており、造血ビタミンとも呼ばれています。

 

葉酸を妊活、妊娠中に摂取すべき理由

妊活もしくは妊娠中に葉酸を積極的に摂るべき理由としては、葉酸が胎児の細胞分裂をサポートし、発育を促す効果が高い事が挙げられます。

 

更に、妊娠中は赤ちゃんの発育のため、授乳中は母乳を生成するために優先的に血液が使われるので、母体は貧血気味になります。そのため、造血作用の高い葉酸を摂ることで、母体の貧血を防ぐ作用も期待できます。

 

そして、血管は硬くなるせいで起こる動脈硬化の危険因子とも言われているホモシステインという、アミノ酸の一種の生成を抑える作用もあるとされます。

 

葉酸が不足すると正常な赤血球が作れなくなり、貧血・息切れ・倦怠感などのトラブルが起こりやすくなります。

 

更に細胞分裂に支障をきたすと、免疫機能や消化器官の機能が低下し、胃腸の調子が悪くなったり、風邪にかかりやすくなるなど細菌やウイルスへの免疫が低下します。

 

また妊娠中の葉酸不足は、妊娠初期に起こる先天異常である、神経管閉鎖障害の発症リスクが高まります。

 

この病気は脳や脊髄といった中枢神経系の元となる神経管部分に閉鎖障害が起きて、下肢に運動機能や排泄機能の障害を残したり、脳が形成不全となるリスクもあるので、妊娠中の葉酸摂取が推奨されています。

 

葉酸が含まれる食べ物としてはほうれん草の他にも、レバーや枝豆、よもぎ、納豆等があります。しかし、葉酸は熱や水に弱いので、調理の段階が破壊されてしまい含有量が減ってしまうため、1日必要摂取量を摂取するのは結構難しいと言えます。

 

また妊娠初期はつわりもあるので、食事もあまり喉を通らない人も多いですよね。そこでおすすめなのが、マカナなどの葉酸サプリです。

 

マカナなら、手軽に必要量を摂取できるし、つわりで食欲がなくても水でさっと飲めるので体への負担も少なくなります。

 

葉酸サプリ「マカナ」を生活に取り入れよう

葉酸は母体だけでなく、妊娠中の胎児の発育に欠かせない栄養素です。

 

時間がなくても、体調が悪く食欲がない時でも無理なく飲める葉酸サプリを生活に取り入れれば、不足なく摂取できるのでぜひ試してみましょう。

 

葉酸サプリ「マカナ」を飲んで、不安定だった基礎体温を整えましょう!

 

1.基礎体温を計って妊活しよう

女性なら「基礎体温を測る」と言えば、20代以降の女性なら多くが知っていることでしょう。「基礎体温」とは何でしょうか。

 

毎日体温を測ることで、自分の身体のリズムをチェックすることが出来ます。これにより、女性の排卵の有無、生理の時期や妊娠しやすい時期などがわかるようになります。

 

病気の疑いがある場合も、測っているとわかるのです。基礎体温を測ることは、とても重要なことなのです。

 

基礎体温の測り方は目が覚めたときに、お布団に入ったまま身体を動かさず、安静な状態で測ります。最初は、つい起きて顔を洗いながら測り忘れたと気が付くことも多いのですが、慣れてくれば寝ぼけた状態でも測るクセがついてきます。

 

体温は微妙な動きでも変わってしまうため安静にして測る必要があります。忘れないためには常に手元に婦人用体温計を置いておくと良いでしょう。

 

毎日測かれば、自分の身体のリズムが見えてきます。記録していくと、毎日の点がジグザグした形になります。これにより妊娠しやすい時期がわかるようになり、夫婦で「妊活」しやすくなります。

 

2.基礎体温の乱れと妊娠

身体のリズムは低温期が約2週間(生理や卵胞期、排卵期)、高温期(黄体期)が約2週間で、低温期から高温期に変わるときに排卵日があります。

 

排卵日を挟んで3日前から5日間が最も妊娠しやすい時期にあたります。妊娠すれば高温期が続き、病院で確認できるよりも早く、基礎体温をつけていれば妊娠したことに気が付きます。

 

しかし身体のリズムが安定していなければ、妊娠できる時期を特定することが難しくなります。さらに妊娠できるための生殖機能の低下やホルモンバランスの乱れなど不調が起きている可能性もあります。

 

身体に異常がないなら基礎体温を安定化させるために、十分な睡眠、冷え症改善、基礎代謝を上げるなどを考えましょう。

 

さらに妊娠の可能性があるこの時期から葉酸を摂取することも良いでしょう。

 

3.葉酸サプリは簡単に摂取できる

水溶性ビタミンB群の一種である葉酸。食事からの摂取と、葉酸サプリからの摂取、いずれも可能と厚生労働省も伝えています。

 

葉酸は細胞繁殖にとって重要なDNA合成に関与し世界中で推奨されているからです。

 

日本でも2000年に、妊娠の可能性がある女性には食事以外からでも葉酸サプリを摂取することが通知されています。それ以前にアメリカでは19歳から50歳の女性に対してこのように勧告されています。

 

1998年に米国食品と栄養に関する委員会(Food and Nutrition Board)が報告した食事摂取基準(DRI:Dietary Reference Intake)では、妊娠可能な19歳から50歳の女性に対して神経管閉鎖障害の発症リスクの低減のために通常の食事からの葉酸の摂取に加えて、サプリメント(いわゆる栄養補助食品)又は強化食品による0.4mgの葉酸摂取を勧告している。
引用元:厚生労働省「報道資料発表」

 

食事からだけでなく、葉酸サプリを摂ることを諸外国や日本でも国をあげて勧告するには理由があります。

 

これから生まれてくる子供の栄養分として効果があるためです。このため食品からの摂取だけでなく、葉酸サプリで摂取するほうが安定した摂取が可能となります。

 

これは日本先天性異常学会も推奨しています。

 

妊娠を計画する女性、妊娠が考えられる女性は、妊娠前4週から妊娠12週まで葉酸サプリメント 400 マイクログラム = 0.4 mg/日を摂取することで、お子さんに神経管閉鎖障害が起きる可能性が減少します。
引用元:日本先天性異常学会

 

基礎体温を測って排卵日を知って妊活を行うなら、葉酸サプリ「マカナ」も摂取するよう心がけましょう。

 

葉酸サプリの1日の摂取量ってどの位か知ってる?詳しく解説します!

つい数年前からですが、厚生労働省は妊活中や妊娠中、授乳中の女性へ葉酸摂取を推奨しています。

 

というのも、特に妊娠初期に起こりやすい胎児疾患の一つである神経管閉鎖障害の発生率が、葉酸不足により引き起こされる可能性が高まること。

 

神経管閉鎖障害発症率が低い国より、葉酸が発症リスクを抑える効果が高いと報告されたこと。

 

食生活の変化により、今後は必要量の葉酸を食事から摂取するのがますます難しくなってきていることなどが、理由として挙げられています。

 

更に、1日での葉酸の必要摂取量は400μgとされますが、葉酸は食事からではなくサプリから摂取することを推奨しているのです。

 

というのも、葉酸は食べ物からでは体に吸収されにくい上に、調理の過程で水で洗ったり、加熱すると破壊されてしまうという性質があるからです。

 

例えば葉酸が含まれるほうれん草は生では食べられないため、洗って茹でたり炒めると、元の含有量の半分にまで葉酸が減ってしまいます。

 

相当な量を食べなければ必要量を摂取できないということになります。

 

一方、葉酸サプリは体内で消化、吸収しやすいように作られているので、効率よく必要量を毎日体に取り込むことができます。

 

特に、妊活中や妊娠初期の4ヶ月までは1日400μg、妊娠中期〜出産までが1日240μg、産後の授乳期も1日100μgの必要量を葉酸サプリから摂取することを厚生労働省では推奨しています。

葉酸サプリの選び方

体に必要な葉酸を不足なく摂取するためには、安全性が高く体に負担の少ない良品サプリを選ぶことが大事です。

 

葉酸サプリは化学成分から合成されたものもありますが、内臓への負担が少ない野菜や果物から抽出された天然由来のものが安心です。

 

更に、血液中の赤血球を共に作ったり、葉酸の再生を助けるビタミンB12などのビタミン類や鉄分やカルシウムなどの栄養素がバランスよく配合されているものだと、葉酸と共に他の栄養素も効率よく摂取できるので好ましいと言えます。

 

また、保存料や香料などの添加物を含まない無添加のものや、野菜などから成分を抽出している天然由来の葉酸サプリの場合は放射線チェックがしっかり行われているかもきちんと確認しておくべきです。

 

特に妊娠初期は悪阻で食欲がなくなり、食べ物の匂いにも敏感になります。そのため、匂いがなくて粒が小さめで飲み込みやすい葉酸サプリを選ぶのもポイントとなります。

 

このような理由から総合判断して妊活サプリのマカナが葉酸サプリの中でも最も人気なのです。

 

葉酸サプリで必要量摂取がクリアできる!

葉酸サプリの1日の必要摂取量である400μgをクリアするためには、やはり葉酸サプリを生活に取り入れることが必須です。

 

口から入るものは母体のみならず、赤ちゃんの健康や成長にも関わってくるので、価格だけに左右されず安全性や栄養価の高いものを慎重に選ぶようにしましょう。

マカナ(makana)を一番おトクに購入する方法とは?

ベルタプエラリアの商品画像

マカナ(makana)は一般のスーパーやドラッグストア等では販売していません。インターネット通販限定の商品になります。通常の単品購入だと6,580円ですが、定期購入だと40%割引の「3,980円」で始めることができます。もちろん送料無料で、いつ解約してもOKなので間違いなく定期購入がお得です。この定期購入を選択できるのは「公式サイト限定」です。ちなみに私も定期購入で購入しました♪
単品購入の場合:6,580円
定期購入の場合:3,980円
【最安値】公式サイトはこちら

関連ページ

妊活中ですがマカナ(makana)の葉酸は必要な栄養素なの!?
妊活中に葉酸は必要なのか。マカナ(makana)は妊活サプリですが、葉酸が含まれています。その理由について解説します。
妊活をするなら間違いなく「マカナ(makana)」を勧める理由!
妊活のためにいろいろな方法をチャレンジしている女性はたくさんいます。その一つの手段として有名なのが妊活サプリ。その中で有名なのが「マカナ(makana)」です。実際に体験した私がその効果をお話します。
えっ!?不味いの?マカナ(makana)の味を徹底調査!
妊活や葉酸サプリは味がとても大切です。なぜならつわりの時期を含め、服用する時期が長いからです。そこを見極める必要があります。今回はマカナの味に迫ってみたいと思います。
高齢出産には「マカナ(makana)」はうってつけ!【徹底解説】
妊活中や不妊、高齢出産の女性に大人気の「マカナ(makana)」。どうしてそこまで妊娠したい女性に人気が高いのか・・・。徹底解説します。
プレママに必要?効果的な葉酸サプリ『マカナ(makana)』が凄い!
妊活サプリとして有名なマカナ(makana)。その効果からプレママからも非常に人気が高いサプリです。ではどうしてプレママに人気なのか?調査してみました。
【不妊で悩む人必見】マカナが不妊治療中にも効果があるって本当?
最近では不妊治療をされている方はたくさんいます。そんな方にマカナをおすすめしたい理由があります。その効果を気になる方もたくさんいるので、ぜひ参考にしてください。
マカナ(makana)は卵子の老化を遅らせ若返りに効果的か検証!
妊娠するためのサプリメント、いわゆる妊活サプリは数多く販売されています。その中でもマカナは有名ですが、卵子の老化を遅らせ、若返りに効果的なのは本当でしょうか。
妊活サプリ「マカナ」は排卵リズムを整えて妊娠しやすい体を作る?
妊娠するためには排卵のリズムを整えないといけません。では妊活サプリ「マカナ」は排卵リズムにどのような影響を与えるのでしょうか。