【年齢別】20・30・40代に合った葉酸サプリの選び方まとめ

年齢

妊活、そして妊娠中に必要な栄養素として葉酸の認知度はかなり上がりました。実際に葉酸サプリを購入されている方はたいさんいらっしゃいます。

 

ただ、年齢別に選ぶべき葉酸サプリは違います。それぞれの年代に特徴がありそれに合わせた選び方が求められます。

 

ここでは20代、30代、40代に分けておすすめの選び方を紹介します。まずは20代で妊活中の方、そして妊娠中の方に「葉酸サプリ」の選び方を解説します。

 

葉酸とはどんな栄養素なのか

葉酸は水溶性のビタミンB群の仲間で、元々はホウレンソウの葉っぱから発見されたので「葉酸」という名前が付きました。葉という名前がつくので野菜にだけ含まれている栄養素と思われがちですが、実際にはレバーやうなぎなど動物性の食品にも含まれています。

 

その主な働きは、ビタミンB12と一緒になって赤血球を作ったり、動脈硬化の原因であるホモシステインを減らすなどがあります。また、タンパク質や細胞を作り出すのに必要なDNAなどの核酸を作るという大切な働きもあります。

 

DNAなどの核酸の合成に関わるという事は、細胞分裂を正常に促すことですから、特に胎児の発育に大切な栄養素と言われているのです。

 

日本では厚生労働省が妊産婦さんへ、葉酸の積極的な摂取を勧めています。成人に対しても脳卒中や心筋梗塞などの循環器病を防ぐ効果が高いことが分かってきたので、積極的な摂取が勧められています。(参照:日本心臓財団「動脈硬化を防ぐ葉酸に働き」)

 

妊活に欠かせない食べ物

妊娠の超初期には胎児の脳や心臓、脊椎など、人間として生きていくうえでとても大切な器官が作られています。この時期に妊婦さん自身に葉酸が不足すると胎児の発育にも影響が出ることが分かっています。

 

葉酸が不足して起きる胎児の発育異常の代表的なものは、「二分脊椎症」や「神経管狭窄症」です。神経管や脊椎が作られる時期に、細胞分裂を助ける葉酸が不足することで異常が起こるのです。

 

20代で妊活中の方や妊娠をした方はまだまだ若いので、特定の栄養素が不足しているなどと感じることも少ないのではないでしょうか。

 

20代で体が健康でも、現代の食生活では葉酸は不足しがちといわれています。20代とまだ若い時期でも、妊活中や妊娠初期には積極的に葉酸を摂った方がいいのです。

 

サプリメントで栄養を摂るということ

20代で妊活中の方におすすめなのが「葉酸サプリ」です。まだ若いのでサプリメントなどは飲んだことが無いという人も多いと思いますが、葉酸の不足に年齢は関係ありません。

 

妊娠を希望する人や妊娠中の人の葉酸摂取目安量は、妊娠していない時に比べて増えます。赤ちゃんにしっかりと葉酸を届けるためには、食事からの摂取では不足することが多いのです。

 

ですから、まだサプリメントなんて早いと思っている人も、葉酸サプリだけは別物と考えてください。

 

葉酸サプリは多くの会社から色々なものが発売されています。どの葉酸サプリが良いのか、しっかりと吟味して効果的に葉酸が摂取出来るものを選んでください。

 

ネット上には20代の若いお母さんの葉酸サプリに対する口コミもたくさんあります。同年代のお母さんの口コミなら信用でき、リアルな感想が参考になると思いますので、一度ネットで口コミを確認してみましょう。

 

30代の方!「葉酸サプリ」でしっかりと整えていきましょう

30代の妊活で意識したいことはたくさんあります。

 

女性が社会に出て第一線で活躍する時代になり、女性の初産平均年齢は30歳になりました。1985年には26歳だったことを考えると、ずいぶんと年齢が上がっていることが分かります。

 

30代で出産することの大きなメリットは、社会人としての経験が長い分、心や生活にゆとりがあり、子育てにもゆったりした気持ちでのぞめることが多いという点が挙げられます。

 

その反面で、高齢出産と言われる35歳に近付くことで「妊娠できるだろうか」、「無事に出産できるだろうか」と不安が出てくるのも事実です。

 

妊娠率については、20代では約3割の自然妊娠率となっていますが、30代に入ると2割を切ってきます。それまで順調だった生理周期も、女性ホルモンの緩やかな減少に伴って乱れが出てくるのも30代です。

 

30代になって妊活を始める人は、葉酸を積極的に摂取することをオススメします。葉酸には、胎児の発育異常を抑制する働きがあることが分かっています。

 

そして、30代に入ると卵子の老化が起こってきますので胎児の発育や妊娠率に影響が出てきます。そのリスクを抑えるために、葉酸の力を借りることは30代の妊活にとても大切なことになるのです。

 

妊活中に積極的に摂りたい栄養

葉酸には、動脈硬化の原因「ホモシステイン」という物質を減らす働きがあります。ホモシステインが増えると、流産が起きる原因の一つになることが分かっていますので、葉酸を積極的に摂ることは流産リスクを下げることにもつながるのです。

 

野菜や鶏レバーに多く含まれる葉酸ですが、食事からではなかなか必要量を摂取するのが難しいといわれています。そこで、葉酸サプリの出番です。葉酸サプリなら食事で補えない葉酸を効率よく摂取することができます。

 

葉酸だけでなく、日ごろの食事で不足しがちな「亜鉛」も胎児の発育には欠かせない栄養素です。こちらもサプリメントが発売されていますので、毎日の食事で足りていないと感じたらぜひ活用してみましょう。

 

葉酸サプリのすごいところ

葉酸サプリは効率よく葉酸を摂れる最も優れたアイテムです。本来、栄養はサプリメントではなく食品から自然な形で摂取するのが良いといわれていますが、その場合の「自然な形」とは調理を含みません。

 

つまり、野菜から葉酸を摂ろうと思えば「生野菜」でないと意味が無いのです。熱を加えることで壊れやすい栄養はたくさんあり、加熱調理したら栄養が形を変えたり、壊れたりすることも多いのです。

 

葉酸もその一つですから、葉酸サプリで摂ることで体の隅々まで行き渡ることになります。

 

最近の葉酸サプリのすごいところは、葉酸だけでなく、妊活に必要なミネラルなども含まれていて、さらに女性に嬉しい美肌成分を配合しているものもあるところです。

 

無理をして食品からの摂取にこだわって不足するより、葉酸サプリで確実に葉酸を取り入れましょう。

 

40代の方!妊活から産後まで「葉酸サプリ」で若々しい体へ

40代の妊活には戦略が必要です。20代・30代に比べて卵子の老化も進んでいますし、卵巣機能の低下もみられます。体力も落ちてきますので、妊娠期間を安全に過ごすために気をつけなければいけないこともたくさんあります。

 

出産後も子育てという大変なイベントが待っていますので、ご主人やご両親としっかり協力していく体制作りが大切です。

 

年齢と共に卵子の老化や卵巣機能が低下するのは仕方のないことです。ただ、何もしないで放っておくだけでは妊娠率も下がります。20代の自然妊娠率は妊活女性の約30%といわれていますが、40代になると5%にまで落ちてしまいます。

 

そこで、妊娠を希望したらすぐにでも老化を遅くする栄養素を積極的に摂取したり、血流が良くなる食事を意識したり、生活の中で様々な工夫をしていく必要があるのです。

 

40代で妊娠・出産をする方へ

40代で妊娠した方は、積極的に葉酸を摂取してください。20代や30代の妊娠でも葉酸の積極的な摂取は、厚生労働省が勧めています。40代でも当然葉酸は大切な栄養です。

 

妊娠の超初期には、胎児の体の大切な器官が作られます。その時に葉酸が不足していると、胎児の心臓や脊椎などが正常に作られなくなり、胎児の発育に障害が出ることがあります。

 

胎児の発育異常は葉酸不足だけが原因ではなく、様々な原因があるといわれていますが、卵子や精子の老化が原因になるとも考えられています。40代はまさに卵子が老化する年代。

 

赤ちゃんの正常な発育のために不足しないように気をつけたい栄養素なのです。出産後も母乳の元になったり、抜け毛を防いだりと、たくさんの良い効果がありますので、続けて摂取していきたい栄養素でもあります。

 

サプリメントの力を借りる

葉酸はホウレンソウや明日葉、うなぎや鶏レバーにたくさん含まれている栄養です。妊娠を待っている女性の1日必要摂取量は、400マイクログラムです。400マイクログラムとは、明日葉で1袋、ホウレンソウで2束程度です。これを毎日食べ続けるのはとても難しいことです。

 

加熱や水洗いで流れやすい栄養素でもありますから、ホウレンソウを2束炒めて食べたところで、葉酸の必要量には届きません。

 

そこで、厚生労働省も葉酸は、効率よく確実に葉酸サプリで摂ることを進めています。葉酸サプリなら確実に必要量が摂れますし、用量を守っていれば過剰摂取にもなりません。

 

葉酸の摂り方には色々な方法がありますが、たくさん摂れば摂るほど良いというものではありません。1日1mg(=1μg)は超えないようにとされていますので、摂取量に注意しましょう。
引用元:妊娠中の食事とサプリメントについて

 

妊娠を考え始めたら、「葉酸サプリ」と覚えておきましょう。男性の精子の製造にも葉酸サプリは役に立ちます。妊活を始めたら、夫婦で毎日葉酸サプリを使って葉酸を補ってください。

 

葉酸サプリにはたくさんの種類がありますので、費用と内容をしっかり吟味して長続きするものを選ぶようにしましょう。

マカナ(makana)を一番おトクに購入する方法とは?

ベルタプエラリアの商品画像

マカナ(makana)は一般のスーパーやドラッグストア等では販売していません。インターネット通販限定の商品になります。通常の単品購入だと6,580円ですが、定期購入だと40%割引の「3,980円」で始めることができます。もちろん送料無料で、いつ解約してもOKなので間違いなく定期購入がお得です。この定期購入を選択できるのは「公式サイト限定」です。ちなみに私も定期購入で購入しました♪
単品購入の場合:6,580円
定期購入の場合:3,980円
【最安値】公式サイトはこちら

関連ページ

胎児に良い影響を与える栄養素の一つ『葉酸』の重要性!
胎児に良い影響を与える栄養素の「葉酸」について重要性を伝えます。どうして妊活段階から葉酸を摂るべきなのか。必ず知るべき知識を伝えます。